2005年11月25日

今どき女のマーケティング論

ご無沙汰しています。
今回はツーリズムビジネス専門誌(?)「週刊トラベルジャーナル」のなかで興味深い記事があったのでご紹介します。

20〜30代の女性たちは、市場調査などではF1,F2層とまとめられがちですがこの年代の女性たちは今までにないほどライフスタイルが大きく枝分かれしているそうです。その中でも特徴的にカテゴライズできるのが次の3グループ。

1.干物女
2.大人ギャル
3.乙女系

それぞれを簡単に説明すると・・・

干物女>
このグループの共通点は休日の過ごし方。「家でひとりでDVDをみる」「基本はベッドの上で過ごす」「仕事が忙しいのでたまの休日は人と話したくない」。
彼女たちは一見ヒッキーのようだが、外では人当たりもいいし仕事にはまじめに取り組むいい子タイプ。無気力ではなく親に、友達に、恋人に気を回しすぎてぐるぐるになった結果、色々なことが「面倒くさい」になってしまい、行ってもいないうちから「合コンよりも家」と極論に走るのが干物女の実態らしい。

大人ギャル>
90年代に厚底ブーツにミニスカート姿で渋谷辺りで遊んでいたコギャルたちが、世紀が変わってもそのままのコンセプトで今を生きるのが大人ギャルだそうだ。モデルケースとしては「MCシスター」でおしゃれに目覚め、高校時代に「Cawaii」に出会ってからはその道を一直線。今は「グリッター」「グラマラス」が愛読書。ただしバブル時代を経験したおしゃれで遊び好きな世代もこのグループにカテゴライズされるらしい。もちろん愛読書は「ニキータ」。

乙女系>
漫画やアニメ、ゲームの女子向け作品を愛好する女子たち。彼女たちはイメージの恋と現実の折り合いに苦労するらしい。このグループはさらに、大まかに3系統に分かれるとのこと。
・やおい系(芸能追っかけ、韓流、オンラインゲーム)
・創作系(ゴスロリ、同人誌)
・なりきり系(コスプレイヤー)

このグルーピングは旅行業界向けに旅への志向という切り口でまとめてあるので少々乱暴な分け方ではあるのですが私は妙に納得してしまいました。
もしかするとまわりに干物女や大人ギャルと思しき人が結構思い当たるから?  ・・・いえいえ、そんなことはありませんが。

最後に
あなたの干物度チェック!!(3つ以上の方は要注意だそうです)

□最近ドキドキしたのは、階段を駆け上がった時ぐらい。
□忘れ物は、ブーツを履いたまま家の中に取りに行く。
□休日はノーメイク&ノーブラ。
□うっかり半年ほど美容院に行ってない。
□脱毛は夏しかしない。
□ひとりで居酒屋に入れる。
□友達への結婚式のご祝儀が計10万円を超えた。





posted by s-how at 23:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。